時すでに遅し…そんな名古屋のゴミ屋敷もプロの手で綺麗さっぱり!

掃除道具を手に持っている女性

ゴミ屋敷にならないコツとは

ゴミ屋敷がすでに完成してしまっている場合には、その規模にもよりますが業者に依頼するか、自治体と連携して対処するなどの方法ですが、ゴミ屋敷にならないように予防することも大切です。
ゴミ屋敷になる場合、生活環境や精神面などの変化が原因になるケースもあります。 例えば、一人暮らしをしていて定年を境に片付けをしなくなり、気がついたらゴミ屋敷になっていたという場合があります。 こういったケースは、元々片付けられない性質の人が多く、不要か必要なのかの分別に悩みどんどん溜め込んでしまう場合があります。
ゴミ屋敷にならないコツは、日頃から不要な物は処分する習慣を持つことで、見極めが難しい時には1年使わなかったら捨てるなど、基準を設定すると分別しやすくなります。
また、ADHDや精神的なストレスが原因で、ゴミ屋敷になる場合もあります。これらの原因の時には、医師によるカウンセリングなどのケアも必要になるので、1人で悩まず早目に医療機関へ受診することが大切です。 精神的なストレスは、ゴミ出しをする時に分別が上手くされてなかったなどの理由で、近所の人から文句を言われ、それがトラウマとなりゴミ出し自体をしなくなってしまうケースも稀にあります。 分別に不安がある時は、自治体に問い合わせるとゴミ捨てガイドなどが貰えるので、連絡するのがおすすめです。

コンテンツ一覧